上越地域消防事務組合

Powered by Google 翻訳翻訳
管内に発生している火災・災害情報はこちら
0180-99-2220 (音声案内)
トップページ > インフォメーション > 熱中症にご注意を!!

インフォメーション

熱中症にご注意を!!

これからの季節は気温や湿度が上昇し、熱中症で搬送される方が増加します。

正しい知識を知って、熱中症を予防しましょう!

感染予防と熱中症対策

新型コロナウイルスへの感染予防対策が続く中で、今年の夏は熱中症のリスクがより一層高まっています。

感染防止に配慮した「新しい生活様式」を取り入れながら、これまで以上に熱中症対策を心掛けましょう。

※参考:「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント(厚生労働省・環境省

気温や湿度に注意しましょう

・最高気温が25℃以上、特に30℃を超える日や湿度が80%以上ある日は要注意です。

・日中の気温の高い時間帯の運動や農作業は極力避けましょう。

・熱中症は日中の炎天下だけでなく、住宅内や夜間にも発生しています。

 エアコンや扇風機を上手に使い、風通しにも気を配りましょう。

こまめな水分補給と体調管理を

乳幼児や高齢者は体温の調節機能が十分ではないため、家族や周囲の人が日頃から気を配り、涼しく過ごす環境に配慮しましょう

・気温や湿度に注意し、のどが渇いていなくても、こまめに水分や塩分をとりましょう。

・食事に気を付けて、十分な睡眠をとり、日頃から体調を整えましょう。

熱中症の症状とは?

Ⅰ 度  めまい、立ちくらみ、筋肉痛(こむら返り)、汗がとまらない など

Ⅱ 度  頭が痛い、吐き気、体がだるい など

Ⅲ 度  意識がない、呼びかけに対して返事がおかしい、けいれん、高体温など

 ※症状が軽いと思っても 早めに医療機関を受診することが大切です。

 意識状態がおかしい、自分で水分が取れないなどのときは

 すぐに119番に通報して、救急車を要請しましょう!!

熱中症の応急手当

 1 救急車を呼ぶ  

・呼びかけても応えない、自力で水分がとれない場合などは躊躇せずに119番通報をしましょう。

・救急車が到着するまで目を離すことなく、応急手当をはじめてください。

 2 涼しい場所へ移動させる  

・風通しの良い日陰や可能なら冷房の効いた室内などに移動させましょう。

 3 服をゆるめて、体を冷やす  

・上着などを脱がし、ベルトやネクタイ、下着などをゆるめて風通しをよくしましょう。

両側の脇の下、首すじ、太ももの付け根などを冷やすと効果的です。

・飲めるようであれば、水分をこまめに取らせましょう。

※意識状態が悪い場合に無理に水分を取らせることは、誤嚥の危険があります。

 
熱中症予防啓発ビデオ(総務省消防庁HP)
視聴

 

【視聴】

☀ 熱中症を予防して楽しい夏を過ごしましょう ☀  

 

【問い合わせ先】                   【熱中症に関する情報等】

上越地域消防局消防防災課    ・総務省消防庁熱中症情報

電話 025-545-0229      ・環境省熱中症情報 

Fax  025-545-0231

インフォメーション│2020年06月17日