上越地域消防事務組合

Powered by Google 翻訳翻訳
管内に発生している火災・災害情報はこちら
0180-99-2220 (音声案内)
トップページ > インフォメーション > 【特集】消毒用アルコールに引火する温度を実測してみました。

インフォメーション

【特集】消毒用アルコールに引火する温度を実測してみました。

『正しく恐れ、安全に使うために』

最近、高濃度アルコール消毒液(以下、「消毒液」という。)がよく燃えるという、恐ろしい実験映像をテレビやネットで頻繁に見かけます。これからも長く付き合っていかなければならない消毒液なので、正しく恐れ、安全に使うことが大切です。そこで、ご覧の皆様にアルコールに対する理解を深めていただくため、私たちはこんな実験をしてみました。

『濃度が高まると引火点が下がる』

この実験では、市中に出回っている消毒液のうち、一般的なアルコール濃度である60%、70%、80%の引火点をそれぞれ計測します。ちなみに引火点とは、「火種があれば火がつく最低の温度」のこと。引火点を正確な数字で知れば、危険性の程度も見えてきます。

実験のやり方は、①消毒液をゆっくりと湯せんにかけ、②あらかじめ浮かべておいたローソクの炎が液面に移るタイミングを、③高精度温度計の表示で捉えるというもの

室温18℃に設定した中で実施した引火点測定結果は次のとおりでした。

60%アルコールの消毒液は26℃程度で引火
70%アルコールの消毒液は24℃程度で引火
80%アルコールの消毒液は22.5℃程度で引火

『夏は常温で火がつく』

実測結果からわかるように、最もアルコール濃度が低い60%の消毒液であっても、26℃程度で引火しました。つまり、夏になれば常温で簡単に火がつく性質を持つのがアルコールということです。そして、逆に言えば、「近くに火種がなければ」また「引火点以下を維持している限りは」、ひとまず火がつくことはないということがわかりました。

『実験結果に見る使用上の注意』

さらに、アルコールは揮発しやすく、そのガスを漏洩させないため、次のことを併せてお願いします。

この注意事項を踏まえ、高濃度アルコール消毒液を「正しく恐れ」ながら「安全に使う」ことを両立して、暑い季節を乗り切りましょう。

お問い合わせは……

本掲載内容、実験に係るお問い合わせは、☎025-545-0230 上越地域消防局予防課火災調査係(担当:入村、沖川)まで

インフォメーション│2020年06月24日